読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次世代iPhoneは最近、待望のこの伝説的な6S iPhoneを聞かせて

次世代iPhoneは最近、待望のこの伝説的な6S iPhoneを聞かせて、アップグレードカメラ、メモリやプロセッサ、およびフォースタッチ技術の追加を含め、熱いニュースを解雇しました。最近、出て行くiPhone 6Sまたは8月のニュースのデビューに進みます後、よく知られているアナリストクオ明プールの報告書はまた、市場の予想よりも早く、最新の提出、iPhone 6Sは、今年8月にリリースされると予想されていることを開示しました月の、そして9月に販売のためにリストされています。 iPhone7ケース ブランド 公開された8月の再伝送 6月か8月量産中伝記iPhone 6Sリリース 台湾メディアによると、「中国のポストは」よく知られているレポートのKGI証券のアナリストクオ明プールが最近提出した、と報告し、市場よりも優れたiPhoneが正式に今年の8月にリリースされることが予想される次世代は、一般的に事前に月予想しています。大規模生産に台湾メーカー鴻海、アセンブリの歩留まりは、それがアセンブリの6〜70パーセントの注文を受けます。 アイフォン7ルイヴィトンクオもプールが次世代iPhoneは9月に、今年利用できるようになりながら、鴻海は、シーズンの前半に出て役立つと述べました。 また、クオ明プールも期待する次世代iPhoneは2つのサイズに4.7インチと5.5インチのままになりますが、4.7インチ版の出荷台数は約66%を占めます。 アイフォン7シャネル 「それは、複数の入力方法をもたらすエンタープライズ市場におけるAppleの拡大に非常に資するである、手書きの署名をサポートし、。」ので、また次の世代のiPhoneは、ユーザーエクスペリエンスを豊かにするために強制タッチ技術が装備されます 6月中に量産 かつて、以前の報告でクオ明プールは、iPhoneの次の世代は、8月下旬に開始し、前の年にはほぼ同じである必要があり、市場投入までの時間と時間をリリースすると述べている、ことを言及する価値があります。 シャネルiphone7 plusケース製造歩留まりに関連している可能性があり、早期の変化の出現のリリース時には、予想以上に良いです。台湾メディアによると、「経済日報は、」アップルは部品メーカーの受注を開始している、あるいは次世代iPhoneが予想以上に良いのために生産し、全体的な生産歩留まりを開始します、それは今年期待されていることを啓示の産業チェーンの後のニュースを引用しました9月、2011年8月にも、先に、時間にリリースされ、問題はありません。 アイフォン7シャネル また、世界的な市場調査会社TrendForceも最近発表した報告書には、4.7インチと5.5インチ版が6月に生産に入るだろう次世代iPhoneは、今年の第3四半期に出荷される予定され、2500年の最初のバッチがあるだろう1万供給市場、4.7インチ版のほとんど、今年第4四半期では、Appleが次世代iPhoneを準備するために5000万出荷する予定。 2GBのメモリを持ちます 一方TrendForceの報告書はまた、Appleサムスン電子とSKハイニックスによって2ギガバイトにアップグレードRAMのiPhone6s、およびLPDDR4メモリチップを提供すると発表しました。 7Plusケースシャネル開始から同時にストレージ容量32GBの、そして世界を約18%、NAND型フラッシュメモリの供給を食べるようになります。フォースタッチ技術については、早期の変更でiPhoneの6Sはあまりにも明白ではありませんので、なぜならためのアプリケーションをサポートする必要性を、iPhone 6S、ないキラー機能に現れやすい中。 シャネルiphone7ケース また、最後のiPhone 6S TrendForce日本のメーカーは、バックライトのLEDチップを使用するが、薄くなるであろうが開示されている、LEDチップパッケージは0.4トン(3.0×0.85×0.4mmで0.6トン(3.0×0.85×0.6ミリメートル)から減少します)。同じことがさまざまな状況下で、より正確なホワイトバランスを得るために、色温度LEDフラッシュが装備されます。 シャネルiphone8ケース